チラシとの違い

印刷

使用用途によって

フライヤー印刷とチラシにはいくつ違いがあります。基本的にはチラシとフライヤー印刷は同じ様な意味で使用されている事がは多いです。まず、フライヤーは手に取りやすくプロモーションを行うツールとしては効果的で人気があります。まずフライヤーは店頭などに置いておき、フリーペーパーの様に自由に持って帰ってもらう事が多いです。大きさに関してはバリエーションが多いですが、基本的に持って帰ってもらう事が目的な事から、小さいサイズを選択される事が特徴の1つです。厚さに関しても軽い物からやや重い物まで幅広く選択されています。一方チラシの配布方法は、新聞の折込みや、ポスティングの様にこちらから積極的に配布する事が目的となっています。大きさに関してはフライヤーと同様に、バリエーションが多く選択されますが、フライヤーと比べると比較的に大きいサイズの物が使用されます。厚さはやや細めに作られます。この様にフライヤー印刷を行う際にのオプションを注文する際にも細かな違いがあります。フライヤー印刷を依頼する際に重要なのが手にとって持って帰りたいと思ってもらう事が目的です。その為には多少の高級感や、画像や写真などを使用しインパクトを強くする事も効果的です。一方チラシは、お得な情報を多く載せ、相手に興味を持ってもらう事が目的になります。この様にフライヤー印刷とチラシの印刷を依頼する際にはそれぞれの目的に合わせたデザインなどが重要です。