紙質を選ぼう

PRINT

料金は種類で違う

フライヤー印刷は専門業者に頼めば簡単にできます。最近は専門業者がネット上に増えてきていることもあり、インターネットで発注する人も少なくありません。インターネットならいつでも手軽に発注できてとても便利です。ただし、フライヤー印刷といってもいろいろと種類があります。まず、紙の種類を選びましょう。上質紙やコート紙、再生紙というように、紙の種類によって費用は違ってきます。どんなところで配布するのか、フライヤーの内容によって適切な紙もあることでしょう。よく吟味して選ぶことをおすすめします。また、フライヤー印刷は何枚単位でできるのか、これも調べておいた方がいいでしょう。最近は個人でフライヤーを配布することも増えてきています。個人の場合、それほどたくさん配布することはないものです。よって、10枚単位で発注できるような業者がいいかもしれません。通常、この手の印刷物は100枚単位で注文を受け付けています。はたしてフライヤーが100枚も必要になるかどうか、無駄にならないように気をつけて発注しましょう。少しでも安い費用でフライヤー印刷を発注したいのなら、紙の種類にこだわるといいかもしれません。例えば、再生紙を利用しましょう。再生紙は他の紙に比べると安価なものが多くなっているのです。それにフライヤーを配布する際、再生紙を使っていますといった一文を入れることができます。これが入っているとエコ的な意味で印象が良くなるものです。