受注前に確認を

CMYK

入稿の前に

フライヤー印刷を業者に依頼する際に事前に確認しておく事で失敗を未然に防ぐ事ができます。まず入稿前に確認する事は依頼する枚数です。桁が間違えていないか、枚数に間違いはないかなどのチェックを行いましょう。フライヤー印刷でのサイズの確認も忘れてはいけません。サイズを1つでも間違えてしまうと仕上がりに誤差が出てしまいます。修正が効く程度なら問題ありませんが、作り直すとなると費用もかかります。その為、入稿の前には必ず、サイズや枚数の確認を行いましょう。その他にも、使用するオプションにも注意が必要です。折込みチラシ用のフライヤー印刷なのかフリーペーパーにするのかなど、依頼するオプション内容によって仕上がりか大幅に変わります。そして、仕上がりから手元に届くまでの期間の把握など最終チェックを疎かにしてしまと大きな損害に発展してしまう可能性もあります。フライヤー印刷をカラーで行う際には片面フルカラーにするのか裏面は白黒にするのかも重要です。カラーでフライヤー印刷を依頼すると片面か両面かによって料金は大きく変わります。一番防ぎたいミスは依頼する枚数を1ケタ多く注文し、さらに白黒印刷の所をカラーで依頼してしまう事です。このミスは本来依頼する枚数よりも大幅な料金の上乗せとカラーによる料金の上乗せになってしまうので多大な損害を与えてしまう事になります。この様なミスは最後に1つ1つチェックする事で未然に防ぐ事ができます。