PRINT

紙質を選ぼう

フライヤー印刷は専門業者に発注しましょう。気をつけたいのは紙の種類選びです。いろいろな種類があり、それぞれ費用も異なります。フライヤーの内容や配布する目的などを考えた上で、適切なものを選ぶことが大事です。

インク

業者に依頼して作る

インターネットの通販サイトなら、フライヤー印刷がリーズナブルな料金で作れます。インターネットの口コミ情報で評判の良いところを利用して、素晴らしいフライヤー印刷をはじめ、その他ポスター印刷等を作ってもらいましょう。

チラシ

クオリティが違います

フライヤー印刷を業者を利用して作成する方が多いのは、一つに自宅のプリンターでは出せないクオリティの存在があります。さらに思っているよりも手頃な値段で気軽に頼めるのも、継続的に使い続ける方が存在する理由にもなっています。

CMYK

受注前に確認を

フライヤー印刷を依頼する際には最終チェックをしっかりと行いましょう。依頼する枚数や白黒印刷、カラー印刷などの間違いが無いかなどです。1つの間違いが大きな損害を与えてしまう事もあるので依頼する際には必ず注文内容を見直しまよう。

印刷

チラシとの違い

フライヤー印刷を行う際には手にとってもらい、持って帰りたいと思ってもらう事あ目的で作成される事が多いです。その為、写真や画像などを使用しインパクトを与える事が効果的になります。フライヤー印刷を依頼する際にはデザインなども効果的に考えて依頼しましょう。

安さか仕上がりか

印刷機

特殊印刷が出来る業者も

フライヤー印刷の場合は、とりあえず安さを求めるという方の方が多いかと思います。もちろん、あまりに仕上がりが悪いと困りますが、大抵の印刷業者はそれなりのフライヤー印刷の水準を維持しているものです。その上でもっと品質のよいフライヤー印刷を求めるのか、そこそこのところで妥協するのかという選択肢が出てきます。これはフライヤー印刷を広告の中でどう位置付けるのかという根本的な問題と関係しています。例えば高級路線で売って行く商品なりサービスならば、あまりみすぼらしいフライヤー印刷にする訳には行きません。そうしなければ商品自体のブランドイメージに傷が付いてしまいます。逆にそこまで高級感を前面に出していない製品なら、別にフライヤー印刷も凝らなくてもいいでしょう。フライヤー印刷で高級感を出すには紙質にこだわることです。厚めに紙を使ったり光沢を検討したりします。紙質が良くなればそれだけ割高にもなりますが、高級感を外せないと考えれば決して高い投資ではないでしょう。多くの印刷会社ではフライヤー印刷用に複数の紙を用意していますが、和紙などの特殊な紙を使っているのは一部の業者しかありませんので、これらの業者を探して頼むのもひとつです。また、印刷機によってはデザインを忠実に再現出来ず微妙なズレが起きるものがあります。一般的には敬遠されやすいものですが一部のアート系のフライヤー印刷では根強い人気があります。印刷機のクセは刷ってみないと分かりませんので、試しに最小ロットで刷ってみて仕上がりを確認するとよいでしょう。